身長アップのために、アスミールで栄養素をサポートしたい!公式で買わないと損する3つの理由を知ってお得に購入しましょう。

アスミールを公式で買わないと損する3つの理由

アスミール公式

アスミールとセノビックの決定的な違いはコレ!

投稿日:

アスミールといえば、成長サポート商品の中でも、ドリンクタイプであることが特徴的ですね。アスミールは牛乳に混ぜることでココアのように美味しく飲めるので、サプリが苦手なお子さんにも好評です。

 

アスミールと同じようなドリンクタイプに、セノビックという商品もあります。同じような商品・・・となれば気になるのは、ぶっちゃけどちらがいいか?

セノビック

アスミールとセノビック

 

似ていますが、どこに違いがあるのか。比較してみると、実は重要な違いがあることがわかります。

 

アスミールとセノビックの違い

飲み方は共通

アスミールもセノビックも、基本的には牛乳に溶かして飲むタイプです。豆乳なんかでも良いですね。もちろん、両方ともアイスでもホットでも大丈夫です。

牛乳

 

味の種類

アスミールはココア味のみです。一方、セノビックはココア味、いちごミルク味、バナナ味の3種類。

 

セノビックは3種類購入すると、味に飽きにくいといえますね。

 

 

成分の充実度【重要】

アスミール

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、 ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

 

セノビック

グラニュー糖、ココアパウダー(ココアバター10~12%)、食用加工植物油脂、ミルクペプチド、食塩、卵黄ペプチド/リン酸カルシウム、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ピロリン酸鉄、ビタミンK2、ビタミンD

 

アスミールとセノビック、1番の違いが成分にあります。原材料を見るとぱっと見でもわかるように、アスミールの成分がとても優れていますね。

 

アスミールの成分について詳しくは⇒アスミールの成分まとめ

 

セノビックは、カルシウムは摂りやすくなっており、ビタミンの配合も見られますが・・・やはりアスミールに比べたらかなり少ないと言わざるをえません。

 

安全面・アレルギー

【アスミール】

  • 合成保存料、合成着色料、合成甘味料など不使用
  • 使用される原材料は国内産、製造も国内の工場
  • 放射能検査もあり
  • アレルギー成分は、乳成分、ゼラチン、大豆

【セノビック】

  • 安全面についての記載はなし
  • アレルギー成分は、乳成分、卵。バナナ味のみ、乳成分、卵、バナナ

 

セノビックも大手メーカーであるロート製薬が販売しているため、安全面に気を使われていると思います。

ロート製薬

※ロート製薬大阪本社

〒544-8666 大阪市生野区巽西1-8-1 電話:06-6758-1231

 

しかし、やはりアスミールのように具体的に明記してある方が、子供に与える側としては安心できるのではないでしょうか。

 

 

値段、コスパ

アスミール⇒初回500円、2回目からは3686円

アスミールの値段

 

セノビック⇒2個2160円(1か月分)

セノビックの値段

※条件は同じ1ヶ月分

 

初回はアスミールが断然安いのですが、2回目からはセノビックが安くなる・・・と考えがちです。

 

ただし、ここで気をつけたいポイントがあります。

 

アスミールは1日1杯、100gの牛乳に混ぜて飲みますが、セノビックは1日2杯、150gの牛乳に混ぜて飲みます。つまり、セノビックは1日300gの牛乳が必要ということになります。

スーパーに並ぶ牛乳

1日の差は200g、1ヶ月では6000g。実に、1リットルの牛乳6本分の差があるわけです。ざっと1リットル170円とすると、1020円分の牛乳代がセノビックでは余分に必要。

 

牛乳代を考えると、アスミールとセノビックの費用は値段の見た目ほど差がなくなっちゃうんですね(^_^;)

 

では、ポイントをまとめてみましょう。

 

 

まとめ

【アスミールとセノビックの違いまとめ】

  • セノビックには3種類の味があるため飽きにくい。
  • 安全面ではアスミールがとても気をつけられている。
  • 値段、コスパ面では一見セノビックが安く見えるが、実は牛乳代も考えると値段程差はない。
  • 最も注目したいのが成分の違い。セノビックもカルシウムは摂りやすいのですが、アルギニンを含むとても幅広い栄養素を摂れるのがアスミールです。

 

ぶっちゃけどっちがいいか?

 

成長サポート商品を摂らせるとき、やはり1番の目的は子供の成長ですよね。ならばここは、成分がはっきり優れているアスミールを飲ませたいところ。

 

牛乳代を含めると、実はコスパ面も差があまりないのもポイントですね。どうせ飲まれるなら、結果が出やすいアスミールを選ばれてみては?

 

 

 

-アスミール公式

Copyright© アスミールを公式で買わないと損する3つの理由 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.